みなさんの“?”を解決 家づくりの知識

お客様との家づくり日記

#高気密住宅は息苦しいですよ?! 

2019.11.21(木)

ねもとです。

 

タイトルを鵜呑みにしないでくださいね(*_*)!

一生に一度の家づくりですから、いろいろ見て慎重に選びたい方は住宅展示場や地元の工務店などたくさん足を運ばれて各担当者の話を聞くことと思います。

若くて勢いのある営業マンでもどんな役職をもっている方でも、

「高気密住宅って息苦しいし密閉されているからカビの原因になるんですよ」

と言われたら、あら?このひと家のこと知らないんだなと思っていただいて構いません( ˘ω˘ )*

先月も今月も、あるハウスメーカーでそう聞いたとご面談にいらしたお客様から伺い、驚きました。

お客様にとっては「プロがいうんだから」と疑うことなく信じてしまいますよね(*_*)

  

気密性が必要な理由は、法律で義務付けられている換気システムを上手く機能させるため。

ファンなどの機械を用いて家中の空気が2時間に1回入れ替わるよう計画的に換気させて24時間新鮮な空気を維持します。

穴の開いたストローでは飲み物が吸えないように、住宅も同様、たくさん隙間がある家ではあらゆるところで空気がショートサーキットして空気のよどみが起きてしまいます。

計画的に設けた入口と出口から空気を取り入れ・排出することが重要です。

室内は乾燥気味になるため、室内干しや加湿器を使用するなどして調湿すると良いです。

 

また、換気システムがきちんと室内の空気の流れをつくることで冷暖房の効き方も効率がアップ。

可能であればシーリングファンを設置すると更に効果が狙えます。

 

もちろん基本は、住宅の構造も壁の中で結露しない=カビやダニ・シロアリの発生を防ぐ素材選び+正しい施工方法で行うこと。

その結果、冷暖房は省エネルギーで暖まりやすく(涼しくなりやすく)保温(保冷)効果が見込めるのです。

 

 

 

ということで、

【断熱 × 気密 × 換気】

この3つのバランスの取れた住宅づくりをすることがポイント。

実は、病気やアレルギー体質の方が改善したり血圧が安定したりと、どんな家に住むかでご家族の健康への影響も大きいのです。

 

一般住宅と比べると高性能住宅は当然建築費用がかさみます。

しかし、お子様やお孫さんの代までもメンテナンスをしながら暮らせる長生き可変性住宅であればコスパが高く、

想像しにくい何十年先も考慮すると機械や設備類はメンテナンスと交換が可能なシンプルなかたちがおすすめです。

さらにはご家族の健康は何物にも代え難いこと。

 

スカスカの住宅も高性能住宅もどちらも「家」ですから、見た目だけでは比較が困難です。

豪華な設備や何かと何かを掛け合わせたハイブリットな機械が標準仕様の家だから良いわけでなく、実はいいものって案外シンプルだったりします。

 

家づくりで知っておくべきことと優先すべきことはなにか、ぜひ勉強会に学びに来てください☆ /event/

 

CIMG28991121.jpg

湿気や湿度とはなにか?

もっと見る

熱や温度とは?

もっと見る

お客様との家づくり日記

イベント・お知らせ

12月15日『後悔しないための賢い家づくり勉強会』@豊島区

情報更新日
2019
12.03

   ☆ 残り、3枠 ☆  ☆ 会場は 源工務店店舗 (自社ビル2階)です ☆ ...…

12月8日『後悔しないための賢い家づくり勉強会』@豊島区

情報更新日
2019
11.28

   ☆ 残り、3枠 ☆  ☆ 会場は 源工務店店舗 (自社ビル2階)です ☆ ...…

12月7日『後悔しないための賢い家づくり勉強会』@豊島区

情報更新日
2019
11.28

   ☆ 残り、3枠 ☆  ☆ 会場は 源工務店店舗 (自社ビル2階)です ☆ ...…

UP

DOWN

PAGE TOP