みなさんの“?”を解決 家づくりの知識

お客様との家づくり日記

#基礎コンクリート打設 #豊島区 

2018.08.03(金)

ねもとです。

 

豊島区F様邸 基礎工事の様子です。

底板のコンクリートを打設しました。コンクリートの骨組みとなる配筋の様子は、昨日のブログをご参照ください☆

 

0010803fgn.jpg 

コンクリートが固まる仕組みは、セメント+砂利に水を加えて、その水が乾くから!・・・ではなく、

コンクリートの成分の粒子が、水と「水和」という化学反応を起こして「硬化」することにより固まるのです。

粘土や泥のだんごのように、乾燥して固まるのとはまったく別原理です。

 

硬化している間は水分量が重要で、シートをかけて保湿したり、水を撒いたりすることもあります。

(コンクリートが充分固まる前に表面が乾燥してしまうと、ひび割れの原因になりかねません)

また硬化速度には温度管理も重要。特に夏と冬では気温や湿度が全く異なるので、季節に合った養生方法やスケジューリングが必要になります。

 

硬化期間中の雨は硬度に影響を及ぼす可能性があるため、施工日の天気も重要。

基礎屋さんは防雨シートを被せる等の雨対策をしてくれます。

 

色々な状況や環境、セメントと水分量の比率、すべてのバランスを保ちながら丈夫な基礎がつくられています。結構繊細ですね*

 

0040803fgn.jpg 

▲ コンクリート打設ホヤホヤ。表面が滑らかに仕上がるようキレイにならして、固まるのを待ちます。

 

建物が建つと見えなくなる部分だからこそ、丁寧につくります。

 

では!また工事の様子お届けします(^_^)

 

湿気や湿度とはなにか?

もっと見る

熱や温度とは?

もっと見る

お客様との家づくり日記

イベント・お知らせ

12月23日『後悔しないための賢い家づくり勉強会』@豊島区

情報更新日
2019
12.09

   ☆ 残り、3枠 ☆  ☆ 会場は 源工務店店舗 (自社ビル2階)です ☆ ...…

12月22日『後悔しないための賢い家づくり勉強会』@豊島区

情報更新日
2019
12.09

   ☆ 残り、3枠 ☆  ☆ 会場は 源工務店店舗 (自社ビル2階)です ☆ ...…

12月15日『後悔しないための賢い家づくり勉強会』@豊島区

情報更新日
2019
12.03

   ☆ 残り、3枠 ☆  ☆ 会場は 源工務店店舗 (自社ビル2階)です ☆ ...…

UP

DOWN

PAGE TOP