みなさんの“?”を解決 家づくりの知識

お客様との家づくり日記

#基礎工事 #立ち上がりコンクリート打設 #杉並区 

2017.11.14(火)

ねもとです!

 

杉並区M様邸 工事部長伊藤さん立会いのもと、基礎立ち上がりコンクリート打設の施工中!

 

0011114mkn.jpg 

今回は土地に接する道路幅の関係で生コン車(トラック)を横付けできないため、

長~いホースを使ってコンクリートを流し込んでいます!!!

 

0501114mkt.jpg↑ 伝わるでしょうか('_')!

 

0471114mkt.jpg 

↑ こうやってホースを伸ばして作業をしています(゜o゜)

大事な大事な基礎工事、基礎屋さんが奮闘してくれています!!!

今月には基礎工事が完了し上棟に向けて工事が進みます ♪

M様邸にとって一度きりの上棟の瞬間、待ち遠しいですね♡

 

そうそう、

基礎工事中の雨、「生コンに雨が入っても強度は大丈夫なのかな..」と心配な方いらっしゃいませんか?

こたえは、大丈夫です。ただし、流し込む瞬間の暴雨や台風のような雨量の時は除いて( ತಎತ)

 

コンクリートは、乾燥で固まるのではなく化学反応で固まるんです。

普通のポツポツと降るような雨によるコンクリートの強度の心配はしなくても大丈夫なくらいです。

 

また打設後に降った雨水が、プールのようにたまっていたとしても 問題ありません。

先に述べたように、コンクリートが固まるのは化学反応によるものなので、表面がある程度固まっていれば浸透していくことはないのです。

 

コンクリートが固まるまでの養生期間にブルーシートをかけたりして保護するのは、雨よけというよりも乾燥してできるクラック(ひび)を防ぐため。

また冬場は凍結防止対策も重要です。→凍結すると表面がボロボロと剥がれ、強度の問題に繋がります。

 

暑い時期、寒い時期によって乾燥具合や問題対策が変わるので、

これから家づくりをする方は、大切なお家の基礎工事の時期にどんな対策をしていくのか、

予め施工店に確認しておくと安心ですね(ง `ω´)ง

 

 

M様邸、雨が降る前に作業ができて一安心..◎

コンクリートが固まるのを待って、その後大工さんの出番!土台の施工がはじまります(๑•̀ㅂ•́)و✧ワクワク

 

湿気や湿度とはなにか?

もっと見る

熱や温度とは?

もっと見る

お客様との家づくり日記

イベント・お知らせ

9月16日『後悔しないための賢い家づくり勉強会』@豊島区

情報更新日
2019
08.22

  ~敬老の日、大切な家族のためにお家のこと学びませんか?~   ☆ 残り、3枠...…

9月15日『後悔しないための賢い家づくり勉強会』@豊島区

情報更新日
2019
08.19

  ☆ 残り、3枠 ☆  ☆ 会場は 源工務店店舗 (自社ビル2階)です ☆  ...…

9月14日『後悔しないための賢い家づくり勉強会』@豊島区

情報更新日
2019
08.19

  ☆ 残り、3枠 ☆  ☆ 会場は 源工務店店舗 (自社ビル2階)です ☆ ☆...…

UP

DOWN

PAGE TOP